瓦工事のお仕事 – 降し替え工事、葺き替え工事、棟積み替え工事

降し替え工事

降し替え工事(おろしかえこうじ と読みます)とは、古い瓦を新しい瓦に交換する工事です。築30年を超えて瓦が老朽化した・古い瓦が割れてきたり崩れてきたりした、などの問題が発生した時に行います。
古い瓦を取り外して処分し、下地のベニヤと防水ルーフィングを張り替え、新しい瓦を葺きます。

降し替え工事

→降し替え工事の料金の目安

既設瓦締め替え工事(葺き替え工事)

既設瓦締め替え工事(葺き替え工事 ふきかえこうじ)とは、もともとあった瓦を使って瓦を葺き替えます。大雪で瓦がずれてきた・雪かきや飛来物で瓦が数枚割れてしまった・屋根下地がダメになった、などの問題が発生した時に行います。
瓦をめくり、下地のベニヤと防水ルーフィングを張り替え、めくっておいた既存の瓦を再度葺きます。
既設瓦締め替え工事(葺き替え工事)

→葺き替え工事の料金の目安

棟積み替え工事

棟瓦(むねがわら)とは、屋根の最上部にあたる瓦と瓦が交わる箇所にある、のし瓦とのし瓦を積んだ部分です。地震で崩れやすく、また雨漏りもしやすい個所です。棟瓦の積み替え工事とは、崩れたり割れたりした棟瓦を新しく積み替える工事です。
棟を解体し、なんばん・しっくい工事をして、必要な瓦は新しいものに交換し、あらためて棟を積みます。
棟瓦の積み替え工事

→棟瓦の積み替え工事の料金の目安

屋根瓦・雨樋の点検

屋根・雨樋点検のすすめ大雪・台風などの自然災害の後は要注意です。 雪解けの春や台風が過ぎた秋に点検しましょう。

大雪やゲリラ豪雨、台風などの自然災害から家を守ってくれる屋根瓦ですが、屋根の上の瓦は普段自分ではなかなか見ることができませんので、問題が起こっていても雨漏りなどの問題が発生するまで見過ごされることが多いです。大切な家がダメになってしまう前に、できれば1年に1回、定期的な屋根の点検をおすすめします。

→屋根瓦・雨樋の点検の料金の目安

お問い合わせ

このページの先頭へ